ー合気と気功と智慧の学舎ー

検索

#2 「一つ」になれる体をつくる

更新日:2020年12月13日

合気や気功を学ぶ目的は「一つ」になるためです。 

そのためにはまず、自らの体が「一つ」になる必要があります。


どの分野の世界でもトップレベルの達人の体は「一つ」になっています。

世界屈指のトップアスリート、音楽家、職人、料理人、女優俳優、芸術家…。


合気や気功を操る上で、この「一つ」となっている体を養成する必要があります。

体が「一つ」となった時、全身の動きは協調し、力みが何処にもなく、柔らかさの中にエネルギーが漲ります。体内には充実した気が通り抜け、駆け巡ります。

この体のことを「気功体」「合気之練体」「功夫体」「気功体」などと私は呼んでいます。

この状態になると、心も晴れやかになり、やる気が漲り、同時に落ち着いて冷静に行動できる精神状態となります。


気功や合気を習得する第一段階が、この「一つの体」を養成し会得することです。

その養成法として、伝統武道や気功には極めて効果的な方法が伝承されています。

(次回に続きます。)



本日も最後まで読んでいただき有り難うございます。

良い一日をお過ごしください。グッドラック!


30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示