ー合気と気功と智慧の学舎ー

検索

#24 火を見ると人は元気になる

更新日:2020年12月13日

12月に入り、流石に本格的に寒くなってきましたね。

朝が辛い季節でありますが、同時に楽しみなこともあります。

実は我が家は薪ストーブを入れているのですが、冬になるとその薪ストーブの炎を眺めていることが至福の時間となります。

最近はアウトドアやキャンプが一大ブームのようで、私も長年キャンプを楽しんでいる人間の一人ですが、多くのアウトドア愛好家が好むことは「焚き火を囲む」ということです。


火には不思議なパワーがあります。

火の揺らめきは見る者の興味を惹きつけ、覚醒させ、揺らめきが心を癒し、その熱は心までも温めるといった、まさに人間のパワーの源のようにも思えます。

経験則ですが、火を眺めていることは間違いなくメンタルケアに非常に効果があると思っています。


「気功」の発祥はそもそも古代中国の「陰陽五行思想」から生まれたとされています。「五行」とは火・水・土・木・金といったこの世界の構成要素を表しており、これらの相関関係である「相生」と「相克」によって万物流転しているという発想です。

そうした「五行」の中でも「火」は強いパワーを持ち、人体との相関においては心臓と小腸を司ると言われています。


「気功」を習得したい方は常日頃からこの「五行」に触れることがとても大切ですが、身近に「火」を触れることにおいては「オイルランプ」を活用することをお勧めします。

オイルランプはアルコールランプの一種ですが、煤がほとんど出ないオイルを燃料としているため、自宅でも気軽に使うことができ、何よりお洒落なものが多いので、インテリアとしてもとても美しいです。テーブルの真ん中に置いて火を入れるだけで、毎日の夕食の雰囲気が全く変わりますよ。これ一台で「火の気」を補給することもできて一石二鳥です。

私の使用しているオイルランプは上記のものですが、様々な種類があるようなので、好みに合ったものを使うと、冬の寒い季節も楽しく暖かくなると思います。燃料のオイルは「レインボーオイル」がおすすめです。様々なカラーがあるのでとても綺麗ですよ。

興味のある方はぜひ活用してみてくださいね。



本日も最後までご覧いただき感謝です!

寒い日々こそ、心を暖かくして過ごしましょう。グッドラック!

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示