ー合気と気功と智慧の学舎ー

検索

#4 大地と「一つ」になる「站椿功」

更新日:2020年12月13日

「站椿功」は気功や武術の基本であり奥義です。

目的は大地の気を足の裏から持ち上げ、体の中心の「丹田」に集めることです。

そしてその気を四肢や頭頂に流すことです。


站椿功が成功すると、体全体が空気が入ったゴムボールのように、外側に張り出す感覚が生まれます。これを太極拳では「掤(ほう・パン)」と言います。


この感覚を保ちながら動くことで、気功や太極拳特有の柔らかい、しなやかな動きとなります。なぜならその動力となるエネルギーは筋力ではなく、大地の気だからです。


站椿功により、大地と「一つ」となることで、重心は安定し、全身にリラックスが生まれます。また、体が安定することで精神も安定し、心はとても軽やかで、落ち着き、冷静な中にやる気や情熱が生まれます。

これが気功や太極拳が心身の健康に良いと言われる所以です。

站椿功の詳細は下記の書籍に詳しく書かれています。ぜひご覧ください。私の師である盛鶴

延師の著書です。おすすめです!

(次回に続く)


最後まで読んでいただき有り難うございます。

いよいよ9月に入りますが、今月も良い日々にしましょう。

グッドラック!




70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示